短ハンドル、短ステム

最近のハンドルカットの依頼、短めのステムが良く売れる。
この2、3年のはマウンテン出身のピストライダー、某メーカーの影響で超ロングハンドル流行り。
この流れに飽きたのか、反発なのか、何度かの短ハンドルリバイバルで見慣れている昔の人にもちょっと新鮮、昔のことを知らない若者にはかなり新鮮なのかも。

何か違うなーと思うのはレバーが付いてるからかな。昔は付いてなかったしね。レバーが付くとこの位の長さがバランス的に限界です。全長33センチです。
昔ストレートバーなら25センチとかにカットして欲しいって人もいたな。

ステムはノーネーム製でクランプ径25.4、73度(ほぼほぼフラット)になるのでピストらしくスポーティーです。これは60ミリです。

ハンドル、ステム共ノーネーム 各2,700円(税込) ステムは60,80,100の3サイズシルバーも有
ハンドルカット工賃 1,200円~

では店頭で。

dk

Super Cool Fuji ballad

こんな改造の注文をいただきました。

8速変速つきのクラッシッククロモリのアーバンバイク選択”ダサ目の良い感じにして”との依頼です。依頼者様からは”腰痛持ちなので大アップハンドルは無いのか”と。

そこで懐かしい、カマキリハンドルをこんな感じで。ステンレスの大アップハンドル、Rindow のクリア樽型グリップ。

ステンレスのジャイアントバスケットプラスアーム。

Brooks Cambium

Rindow ANTI SLIP PEDAL このペダル最高です。

シマノのインデックスレバーとステムマウント台座

デフォルトのポリッシュリム、サイドスキンのタイヤプラスしたパーツが良い感じに似合っております。

変速なしのStrollでもこんな感じが出来ます。ここまで大きいハンドルで無く、プロムナードバーでも良いですね。如何でしょうか?